葬儀の準備 ~社葬の場合~

創業者や会長・社長などの現職または元取締役、会社に貢献した写真が亡くなった場合、社葬として葬儀が行われます。では、社葬の場合の準備はどのように行われるのでしょうか。社葬には2パターンあり、遺族と会社が合同で葬儀を行う形と、既に遺族だけで密葬という形で葬儀を執り行い、後日社葬またはお別れ会として行われる形とあります。どちらの場合も会社としての準備は葬儀委員会・実行委員会が中心となり行います。

葬儀委員会を取り仕切る委員長には社長など実質的な権力のある人がその役に就き、その式の最高責任者という立場にあります。実行委員会は実質的な準備をする組織で、総務部長が委員長となり総務部門に所属する社員が作業を行います。遺族と合同の場合は、実行委員会が遺族の意向を取り入れながら準備を進めていきます。式場の手配から式の流れ、会葬礼状や会葬お礼、そして訃報の通知まですべて実行委員会が手配します。

費用は全額会社が負担する場合と一部負担の場合とがあり、一般的には社内規定で決められています。式の流れとしては、既に密葬が行われていることがほとんどですので、宗教儀式として故人の魂を送り出すという行事としてよりも、会社の社会的イベントという色が強くなりますが、僧侶による読経や参列者による焼香が行われる場合もあります。また、お別れ会としてホテルなどで行われる場合には宗教色は薄く、弔辞や弔電の拝読により故人を偲ぶという会が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です