葬儀後の遺骨を手元供養する人が増えています

以前は、葬儀後の遺骨は、お墓や納骨に埋葬して故人を供養するのが一般的でした。しかし最近は、故人の遺骨や遺品などを身近に置いて故人を供養する方が増えています。このような新しい供養の仕方を「手元供養」と言います。手元供養には、「故人の存在をいつも身近に感じることができる」、「納骨しているお墓や寺院が遠方にあると、なかなかお参りに行くことができないが、手元に遺骨があれば距離や時間を気にせずに供養できる」、「葬儀後にかかる費用の負担が少なくて済む」などのメリットがあります。

手元供養する際の、遺骨の保管の仕方ですが、遺骨を骨壷にいれたままの状態で保管している方もいますが、遺骨や遺灰を加工してダイヤモンドにしたり、遺骨を納骨できるカロート型のペンダントにするなど、アクセサリーにして手元供養する人もいます。そのほかにも、遺骨や遺灰を使った写真立てやプレートなどに加工する方法も人気があります。なお、手元供養には2つの方法があり、1つは、遺骨をすべて自宅で保管する方法であり、もう一つは、葬儀を執り行ったお寺に遺骨を納骨しますが、遺骨を全て納めるのではなく、一部は自宅で保管するというものです。どちらの方法でも、法律上は何の問題もありませんが、親族によっては、「遺骨はお墓に納めないと成仏できないのでは?」と反対する方がいらっしゃるかもしれません。

そのような場合には、無理に手元供養を行うのではなく、きちんと親族間で話し合い、納得したうえで進めることが大切です。ペットのお墓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です