失敗しない葬儀のやり方とは。

ある一定の年代になると、多くの人が一度は体験したことのある式のひとつとしてお葬式があります。他人事だと思っていたことでも、突然の事故や長年患ってきた病気などによって最愛の人が亡くなるということは生物にとって自然のことといえるかもしれません。そんなお葬式ですが、いざ最愛の人が亡くなった時、訳の分からないまま葬儀会社を決めて、僧侶を呼んでもらい読経を上げてもらうと法外な金額を請求されたといったことはよくあります。そうならないために、生前に確認しておくと良いでしょう。

近所に葬儀会社がいくつかある場合は、見積もりを取っておくことも重要です。その際、お花代や祭壇の形状や大きさによって費用面でかなりの差が出てきますので注意が必要です。また、菩提寺のある方は僧侶に直接連絡して読経を上げてもらえばいいですが、決まったお寺がない場合は葬儀会社に紹介してもらいましょう。注意点として僧侶は必ずどこかの宗派に属していますので、宗派を間違えないようにすることが肝心です。

宗派によってはお位牌がいらない宗派や、木魚が必要な宗派など様々なやり方が存在していますので、宗派は間違えないように葬儀会社の担当者に伝えましょう。もしも自分の宗派が分からない場合は、葬儀会社の担当者と相談して自分に合った宗派を選びましょう。この際に決まった宗派を決めておかないと、後々お仏壇や墓石の話になった時もそれぞれの取り決めが異なってきますので、あらかじめどの宗派なのか確認しておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です