葬儀の前に準備すべきこと

大切な家族が亡くなった時、受けるショックは計り知れないでしょう。しかし、悲しみに浸っている暇はないのが現実です。悲しくても、ご遺体をそのままにはしておけません。葬儀を開き、故人の旅立ちを見送らなければなりません。

では、そのために一体どんな準備が必要なのでしょうか。まず、ご遺体の安置を行う手続きをします。旅立ちまでの間、ご遺体をどこに安置するかを決めなければなりません。自宅に安置するのが一般的で、故人にも家族にも安心でしょう。

しかし、どうしても自宅に安置することが難しい場合は、斎場などに安置する場合もあります。この場合は葬儀社による専門の手続きが必要になるので、注意が必要です。次に、葬儀の概要を決定します。とりあえずは、日時と会場、どこまでの人を呼ぶかだけは決めておかなければ、その後の訃報を知らせる段階に進めません。

火葬を行う日程の調整や、友引を避ける、遠くに住む親せきがいれば少し遅めの日時にするなどの配慮も行います。そして、親交のある人に訃報を知らせます。伝える範囲は、家族や親戚、親しい友人や知人、故人の勤務先や学校などの関係者、町内会などです。また、菩提寺の住職にも連絡を忘れずに行います。

そこまで進めたら、葬儀についてさらに詳細を決定していきます。予算や規模を考えながら、いかにその人らしく旅立ってもらうかも大切にしたいところです。家族同士や葬儀社、住職などとの綿密な打ち合わせが必要になってきます。この順番は前後することもあるでしょうし、ここには挙げなかった準備が必要な場合もあります。

しかし、大まかにはこのような流れとなります。十分な準備を行い、後悔のないように故人を見送ってあげましょう。ペットのお墓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です